学校では教えてくれない、お金と仕事を楽しく学ぼう!
tizu
サイトマップ
  • はじめての方へ
  • 最新情報
  • 無料動画
  • 出版物一覧
  • 合格体験記
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ >簿記検定3級

簿記検定3級一覧

決算のポイントについて確認していただきたいと思います。 ----------------
一つの取引の中に、「現金取引」と「振替取引」が複合して含まれて いる取引を、一部振替取引
売上取引は、基本的に相手勘定を「売掛金」とし、仕入取引は、基本的に 相手勘定を「買掛金」
出金伝票(現金減少のときに、起票する伝票) 振替伝票(現金取引以外のときに、起票する伝票
伝票とは、仕訳帳の代わりに取引を簡潔に記録し、総勘定元帳への転記 のもととなる帳票のこと
会社は、決算日から2ヶ月または3ヶ月(大企業)以内に、財務諸表を 作り上げ、株主総会に提
精算表とは、決算整理前残高試算表→決算整理仕訳→B/S、P/L の決算の手順を一覧表にし
まず一番最初に壁を乗り越えていただきたいのが、第3問の 試算表作成です。  これは、日常
修正仕訳というのは、会社が行った誤りの仕訳を、あとで正しい勘定残高に なるよう修正する仕
損益勘定勘定の借方(B+C)と貸方(A)の差額を、 貸借差額といいます。  この貸借差額
収益・費用の残高を0にする仕訳 ----------------------------
決算日が来ましたら、会社の決算手続の一環として、 引出金勘定を貸方に記入するとともに、資
会社が固定資産を売却するのは、期の途中の場合が多いです。 とするならば、期首から、売却時
固定資産の売却があったときは、入金額の大小によって、 固定資産売却益が発生したり、固定資
実務上は、一年の途中で固定資産を取得する事が、 時々起こるので、そのような場合には、月数
減価償却費とは、有形固定資産の使用や時の経過による、価値の目減り額 のことです。 ---
取引先への売掛金や貸付金が回収できなくなった場合、損失となります。 そうなったときの会計
前年度に売掛金が計上され、貸倒引当金を設定しましたが、 一年後の売掛金が、減少したとしま
前期から繰越した貸倒引当金の額との差額を補充するようにして、 決算で調整する処理方法を、
 そこで、期末時点での、会社が保有している売掛金残高が1000万円あるとします。 この1
会社は、受取手形や売掛金のかたちで、金銭債権(要は、お金をもらう権利)を、 持っています
前期末に、借方残高として、未収利息勘定に金額が残っています。 これを踏まえて、翌期首(前
「継続して役務の提供を提供する契約で、期末時点において、すでに 役務の提供をした部分につ
前期末に、前受家賃を「貸方に」計上したことを前提として、 翌期の機種に、その前受家賃を取
当期中に受け取った、翌期分のサービス提供に 係る収益は、「前受収益」として、処理します。
未払利息を、 翌期首に再振替する処理について、学習します。 --------------
決算の手続で、 契約中のサービス(ここでは借り入れ)について、未払いの 費用があったら、
翌期首に行う経過勘定の調整仕訳を、「再振替仕訳」と いいます。 ------------
保険期間の途中で決算を迎えたとします。 そのときに前払いしていた保険料勘定を 前払保険料
次の年度の期末決算手続で、期首の在庫分を、 「繰越商品」勘定から、「仕入」勘定に振り替え
売れ残った在庫があったら、その額を「仕入」勘定(費用勘定)から 控除し、「繰越商品」勘定
期末の決算手続で、使わなかった分を、「消耗品」勘定に振り替える。 -----------
期末(決算)になって、どれだけ使ったかをチェックし、使用した分 だけ、 「消耗品」勘定を
原因が不明で、適当な費用項目に振り替えられない場合は、 「雑損」勘定で処理します。  な
金銭の出納記録が漏れたり、間違ったりした場合、 現金出納帳や総勘定元帳における期末の現金
仮受金とは、内容または金額が未確定の入金取引のことです。 ---------------
仮払金とは、内容または金額が未確定の支出取引のことです。 ---------------
事務用品の購入や、小額の支払いなどのために準備する、 小口の資金のことです。 -----
給料日前に、従業員の生活費など、本人が支払うべき資金を 立替払いしてあげた場合などは、「
一定額以上の給料を支払う場合は、そのつど、給料の一部を 「所得税・住民税・社会保険料」と
商売とは関係のない、店主の個人的な生活費の負担などの ために、お店のお金を持ち出すときに
借り入れ、貸し付けなどを行うさいには、借りる人が約束手形を振り出して、 借用証に代用して
有価証券(株式・公社債)を後日売却する時は、売却時の値段 (時価)で、代金を受け取ります
有価証券については、決算日時点で、 取得時の原価(支出額)による評価から、 期末の時価に
「公社債」は、経済的に価値があります。 したがって、簿記の世界では、債券の取得を、「有価
いくつかの権利を内包している株式はそれ自体経済的に価値を持っているため、 株式の取得を、
固定資産を売却したい場合には 以前購入した価格と現在の評価額とでは差がでるため、 それを
営業の目的に供するために、長期間保有する資産を、固定資産といいます ----------
一定期間ごとに、両者が商品券を持ち寄って、互いの貸し借り を確認し、差額を現金で支払った
他店が発行した商品券を当店で受け入れ、商品を引き渡し た時の仕訳 -----------
自店で商品券を販売するときの仕訳。 --------------------------
自己を名宛人として振り出す為替手形を、自己宛為替手形という。 -------------
為替手形を発行する際に自分を受取人として振り出す為替手形。 --------------
仕訳では手形代金を受け取る権利を表す「受取手形」勘定(資産)を借方に 記帳します。 【C
為替手形の引き受けは、 ツケを負っている取引先の為替手形を ツケを免除する代わりに処理す
為替手形とは他人に将来の支払を「依頼」する手形 --------------------
割引とは、手形の裏面に署名等をし、銀行に 持ち込んで、割引料を引いた残額を早期にもらえる
受け取った手形用紙の裏面に自社の名前を住所を署名して、 支払先に譲渡することにより、仕入
手形用紙に記載された金額を支払う」ことを約束した証書の受け取り。 -----------
「手形用紙に記載された金額を支払う」ことを約束すること ----------------
商品を発送するさいに、運賃などの諸経費がかかります。 これを販売側で支払う場合を売上諸掛
返品(戻り・戻し)とは、品違い、品質不良、破損などの理由で商品を 販売元に戻すこと。 値
商品を仕入れる側で、発注時に手付金(内金)を支払った時は、借方に 「前払金」勘定を記入し
ふつう卸売業など大量に商品を扱う場合、たとえば日々の売上は納品書という伝票に記録しておき
現金勘定、また掛け勘定で支払った場合の仕入れ取引を 取り上げます。 ----------
小切手を用いて決済する場合、振り出される小切手に記載された支払い金額 以上に、あらかじめ
当座預金というのは、現金の範囲で学習した小切手の支払いや、営業入金などを 行うために開設
今回は、代表的な財テク商品(金融商品)について、投資した 後の「配当金」または「利息」の
簿記の基本となる現金取引の仕訳・転記を勉強します。 ------------------
今回は、「現金が増える」取引を、総合的に記帳練習してみましょう。  具体的には、「仕訳帳
今回は、「現金が増える」シリーズのまとめ編です。 現金が増えるパターンは、次の3つでした
基本取引その3、商品の売上の際の現金取引を学びます。 ------------------
元手として自己資金を事業に投入することを「元入れする」といいます。 ○ (取引その2)店
取引を、「結果」と「原因」に分解しよう!  たとえば、会社内に、現金が100万円増えるこ
簿記の原理を知って、反復練習!  簿記とは、  「企業活動」を、  「帳簿」に効率よく記
簿記とは、「個人商店や会社の日々の取引」を「2冊の帳簿」に記録し、 一年後、「2枚の決算