学校では教えてくれない、お金と仕事を楽しく学ぼう!
tizu
サイトマップ
  • はじめての方へ
  • 最新情報
  • 無料動画
  • 出版物一覧
  • 合格体験記
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 無料メール講座 > 公認会計士による仕事に役立つ7つの無料メール講座

公認会計士による仕事に役立つ7つの無料メール講座

「財務諸表のイロハ」無料メール講座

・第1回 財務諸表の意味と役割
・第2回 バランス・シートと損益計算書
・第3回 最近の会計事情

会計初心者の方でも、バランスシートや損益計算書の意味や役割を分りやすく解説いたしました。

すでに3000人以上の方にご購読いただき、「難しいと思いこんでいた会計が分かりやすく解説して、理解が進んだ!」など大変好評です。

メールアドレスを入力後、購読ボタンを押していただくと、折り返し第1回目をお送りします。

メールアドレス:
仕事に役立つ財務諸表解読法の本を出版しました!
 


当サイトの無料メール講座にお申し込み場合、下記無料メールマガジンへ代理登録させていただきます。
時事問題で楽しくマスター!使える会計知識 ID:0000133281 発行者:柴山政行
(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000133281.html
※なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。
また、月に1・2回ほど会計情報などを掲載した「柴山会計ラーニング株式会社情報」をお送りいたします。

はじめまして。公認会計士の柴山政行です。

私は、簿記検定講師(講師歴16年)、ビジネスセミナー講師、経営コンサルティングや執筆等で多くの会社員の方や学生さんに、分かりやすく会計を解説しております。

「会計を真剣に学びたい」「ビジネスに会計を役立てたい」「実務に必要な知識を身につけたい」という方のために、無料メール講座作成いたしました。無料で登録できますので、お気軽にご利用ください。

無料メール講座では、「財務諸表のイロハ」「連結財務諸表入門」「キャッシュフロー計算書入門」「勘定科目と仕訳の基礎」「税金の基礎知識」「領収証の基礎知識」「財務分析の基礎」を用意いたしました。興味があるテーマの理解を深めるツールとしてご利用いただければ幸いです。(いずれも3日間にわたりお送りいたします。)


・講師実績

 千葉商科大学会計専門職大学院 会計ファイナンス研究科客員講師
 SMBCコンサルティング ビジネスセミナー講師

・主な連載

プレジデント「会計考現学」
  

・主な著作

  一目で見抜く!財務諸表解読法(秀和システム)
  最新原価計算の基本と仕組みがよくわかる本(秀和システム)
  3時間でわかる簿記入門・3時間でわかる会計学入門・3時間でわかる原価計算入門
  最短で受かる!日商簿記3級講座、最短で受かる日商簿記2級講座
  出る順問題集 簿記3級 ほか多数

 

「連結財務諸表の基礎」無料メール講座
・第1回 単独決算の欠点と連結財務諸表の役割
・第2回 連結財務諸表のおおまかな作成手順 
・第3回 連結財務諸表に特有の用語・ポイントをチェック!
メールアドレス:

「キャッシュフロー計算書の基礎知識」無料メール講座
・第1回 貸借対照表の限界と、キャッシュ・フロー計算書の役割
・第2回 営業活動によるキャッシュ・フロー
・第3回 投資活動・財務活動によるキャッシュ・フロー
メールアドレス:

「勘定科目と仕訳の基礎知識」無料メール講座
・第1回 勘定科目と仕訳の意味
・第2回 他の仕訳パターンと、(左)・(右)の呼び方
・第3回 貸借対照表と損益計算書を仕訳で考える
メールアドレス:

「財務諸表のイロハ」無料メール講座
・第1回 財務諸表の意味と役割
・第2回 バランス・シートと損益計算書
・第3回 最近の会計事情

メールアドレス:

「領収証の基礎知識」無料メール講座
・第1回 領収書の意味と役割
・第2回 領収書の作成ポイント
・第3回 領収書の受取と保管
メールアドレス:

「財務分析の基礎」無料メール講座

・第1回 財務分析の第一歩。必要なデータをチェック!
・第2回 会社の収益性を判断する指標 
・第3回 安全性、成長性を判断する指標

メールアドレス:

「知って得する税金」無料メール講座

・第1回 税金の分類
・第2回 個人の税金
・第3回 法人の税金

メールアドレス:
上記メールセミナーをお申し込み場合、下記無料メールマガジンへ代理登録させていただきます。
時事問題で楽しくマスター!使える会計知識 ID:0000133281 発行者:柴山政行
(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。)
登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。
http://www.mag2.com/m/0000133281.html
※なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません
また、月に1・2回ほど会計情報などを掲載した「柴山会計ラーニング株式会社情報」をお送りいたします。

会計処理の判断をする際によく質問を受けるのは以下の科目です。

貸倒引当金、固定資産売却損、預金、給料手当、ポイント、車両運搬具、長期貸付金、立替金 
未収金、法定福利費、前払金、建物、売掛金、未収収益、有価証券売却損、新聞図書費 
雑益、有価証券、受取手形、短期借入金、長期前払費用、法人税等調整額、賃借料、仮受金 
商品、支払手形、貸倒引当金繰入額、小口現金、仕入割戻し、会議費、原価償却累計額 
工具器具備品、買掛金、雑費、雑損失、リース料、資本準備金、短期貸付金、負債の勘定科目 
固定資産売却益、事務用消耗品費、長期借入金、土地、消耗品、割賦販売、寄付金、
有価証券評価損、受取地代、減資、支払保険料、他勘定振替、通信費、退職金、諸会費 
固定資産除却損、機械装置、有価証券利息、電話加入権、支払利息 貸倒引当金戻入 
有価証券売却益、販売促進費、リース資産、為替差損、広告宣伝費、受取手数料 
荷造発送費、役員報酬、ゴルフ会員権、売上、仮払金、退職給付費用などの会計処理 

このような勘定科目も簿記や会計の原点に立ち戻ることで
会計処理の方法を理解することができます。

しゃちょうbokiゲーム 1000人体験チャレンジプロジェクト開催中