学校では教えてくれない、お金と仕事を楽しく学ぼう!
tizu
サイトマップ
  • はじめての方へ
  • 最新情報
  • 無料動画
  • 出版物一覧
  • 合格体験記
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 簿記検定3級 > 減価償却の考え方

減価償却の考え方

減価償却費とは、有形固定資産の使用や時の経過による、価値の目減り額
のことです。

--------------------------------------------------------------------------------------
                              lesson.061
  ★ 5分で完結!小学生でもわかる簿記入門 ★      
         
                (読者数3691人) 2004.10.13

 関連HP  http://bokikaikei.net/       (月・水・金 午前中) 
--------------------------------------------------------------------------------------

【CONTENTS】

 ○ 減価償却の考え方

(※図が見にくい方は、等幅フォントまたはMSゴシックでご覧下さい) 
--------------------------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 ○ 減価償却の考え方


 たとえば、平成16年4月1日に、パソコン(備品)を、現金30万円で購入

したとしましょう。

 パソコンって、1年を超える長期間、利用できますよね。

 このように、長期間利用できる資産のことを、固定資産というのでした。

 また、建物、車両運搬具、備品などの形のある固定資産を、有形固定資産と

いいます。


 ここでは、有形固定資産を買った後の話を、学習します。


 まず、4月1日に買ったパソコンを、仕訳してみましょう。

==============================
(借)備     品 300,000(貸)現     金 300,000
==============================


 このように、備品という資産(財産)が、新品の価格で、300,000円ふえます。


 つぎに、この備品の寿命が、5年と見積もられたとしましょう。

 固定資産の寿命のことを、「耐用年数」といいます。

 さらに、5年後、寿命が来た時に処分できる売却価値を、1O%の30,000円

と仮定します。(300,000円×10%=30,000円)


 寿命が来た時の見積もり処分価値を、「残存価額」といいます。

 この、耐用年数と、残存価額は、簿記の試験問題では、問題文として

あたえられますので、心配は要りません。


 実務上も、どの資産が何年とか、残存価額は一律10%とか、税法で

明確に規定されています。


 では、上記の300,000万円の備品を1年間使用したら、一年後の処分価値は、

いくらで見積もれば良いでしょうか?

 
 耐用年数が来た時には、10%の30,000円で処分できると予想している訳

ですから、5年かけて、(300,000円 30,000円=)270,000円の価値が、少し

ずつ減少していくと、考えられます。


 毎期の価値減少額(見込み)

  ⇒ (300,000 30,000)÷5年=54,000円…毎期の価値減少額

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※毎期、一定額ずつ価値が減ると仮定して計算する方法を、「定額法」と

いいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 つまり、平成16年4月1日現在の備品が、新品で300,000円の価値があったと

しても、一年後の平成17年3月31日には、54,000円ほど価値を切り捨てて、

300,000円 54,000円=246,000円を、一年間使用後の見積もり中古価値として

考える訳ですね!

 このときの仕訳は、とりあえず、「備品」勘定を直接減らす方法で覚えておく

と、簡単です。

===============================
(借)減 価 償 却 費 54,000 (貸)備     品 54,000
===============================

 減価償却費とは、有形固定資産の使用や時の経過による、価値の目減り額

のことです。


この結果、4月1日の「借方 備品300,000円」から、翌3月31日の

「貸方 54,000円」を差し引いて、帳簿上も、246,000円という、購入一年後の

見込み価値を表現できることになります。


 このように、一年間の価値目減り分を、直接固定資産勘定(ここでは備品)

から減らす処理方法を、「直接法」といいます。

                
 ◆ 練習問題


 次の取引を、仕訳・転記しましょう。

 A社が一年前に購入していた車両運搬具500,000円につき、決算で、

一年間の使用に伴う減価償却費を計算し、記帳する。

 耐用年数は6年、残存価額は取得価額の10%である。

 計算は定額法、記帳は直接法により、処理すること。


【解答用紙】単位:円

 <仕訳帳>
   ――――――――――――――――――――――――――――――

   (借)            (貸)      


   ――――――――――――――――――――――――――――――


<総勘定元帳の一部>
  ――――――――――――――――――――――――――――――――

  +    車両運搬具           
  ―――――――――――――――    
 ・前提  500,000|                        
 ・        |                
 ・・・・・・・・・

     

  +    減価償却費       
  ―――――――――――――――  
         |                          
         |                


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――

【模範解答】単位:円


 <仕訳帳>
   ――――――――――――――――――――――――――――――

   (借)減 価 償 却 費 75,000(貸)備     品 75,000 

   ――――――――――――――――――――――――――――――
   ※75,000円=(500,000 50,000)÷6年
 

<総勘定元帳の一部>
  ――――――――――――――――――――――――――――――――

  +    車両運搬具           
  ―――――――――――――――    
 ・前提  500,000|決算  75,000                        
 ・        |                
 ・・・・・・・・・

     

  +    減価償却費       
  ―――――――――――――――  
  決算  75,000|                          
         |                

  ―――――――――――――――――――――――――――――――――





…時事問題で、たのしく会計知識をマスターしたい方は
「会員制CDセミナー」 → http://bokikaikei.net/01cd/5.html

… 上場企業の実践分析講座 
 「柴山塾」→ http://bokikaikei.net/04jirei/66.html

しゃちょうbokiゲーム 1000人体験チャレンジプロジェクト開催中