学校では教えてくれない、お金と仕事を楽しく学ぼう!
tizu
サイトマップ
  • はじめての方へ
  • 最新情報
  • 無料動画
  • 出版物一覧
  • 合格体験記
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 簿記検定3級 > 未払費用の、翌期首の処理

未払費用の、翌期首の処理

未払利息を、
翌期首に再振替する処理について、学習します。

--------------------------------------------------------------------------------------
                              lesson.051
  ★ 5分で完結!小学生でもわかる簿記入門 ★      
              
                <読者数3072人> 2004.09.20

 関連HP  http://bokikaikei.net/       (月・水・金 午前中) 
--------------------------------------------------------------------------------------

【CONTENTS】

 ○ 未払費用の、翌期首の処理

(※図が見にくい方は、等幅フォントまたはMSゴシックでご覧下さい) 
--------------------------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 ○ 未払費用の、翌期首の処理


 前回は、未払費用について、学習しました。
 


 ★前回の復習★★★★★★★★★★

 「未払費用」

 たとえば、3月2日に、銀行から1000万円借り入れたと
します。(決算日は3月31日)

 期間は一年で、返済日は、翌年の3月1日です。
 利率は年7.3%(高!!)としましょう。
 利息は、翌年の2月28日に、返済額と合わせて支払います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【当期の仕訳】(単位:万円)

3/2

(借)現     金1000(貸)借  入  金1000

3/31(決算日)「借入日から30日経過」

(借)支 払 利 息   6(貸)未 払 利 息   6 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ※3/2 3/31(30日間)の、未払い利息の計算

   借入金1000万円×0.073×(30日/365日) 

  =未払利息6万円


 このように、決算の手続で、

契約中のサービス(ここでは借り入れ)について、未払いの

費用があったら、自発的に当期分を費用として、計上します。


 ★前回の復習、ここまで(*^_^*)★★★★★★★★★★


 では、今回は、上の「3/31」で計上した未払利息6を、

翌期首に再振替する処理について、学習します。 


 実は、翌期首には、上記3/31と、ちょうど反対の仕訳を

して、未払利息(負債)を、消滅させてしまいます。


4/1 (翌期首)

   前日(=前期末)に計上した未払費用(負債)を、
  当期に支払うことをみこして、取り消してしまう。


==============================
☆1

(借)未 払 利 息   6(貸)支 払 利 息   6 
    <負債 >        <費用 > 

==============================

 ここでのポイントは、借方で未払利息(負債)が消えるのと同時に、

貸方に、費用(当期の支払う額のうち、前期に帰属する分)を取り消す

記入をすることです(支払利息の貸方記入)。


 では、翌年の3月1日に、返済する時の仕訳を考えてみましょう。


翌3/31(返済額1000+利息73)の支払
==============================
☆2

(借)借  入  金1000(貸)現     金1073
   支 払 利 息  73

==============================
 ※73=1000万円×年利7.3%


 ここで、上記の☆1の貸方と、☆2の借方の「支払利息」を抜き出して

みましょう。


☆1

(借)           (貸)支払利息  ( ) 6

☆2

(借)支払利息  (+)73(貸)   


 どうです?

 「(借)73」   「(貸)6」 = 差し引き「(借)67」と、

当期に帰属する支払利息の額が、結果として算定できますよね!(^・^)

  67万円=1000万円×7.3%×(365 30日(前期))/365日

  という計算方法でも、当期分の利息67万円は、出せます。

======================================

                
 ◆ 練習問題


 次の取引を、仕訳・転記しましょう。


 (1)前期末の未払利息の残高は、15万円(3か月分)であった。

    ※1月1日に、借入をした。利息は年間60万円であり、
   利払い日は、12月31日、決算日(3月31日)までの経過利息は、
   月割りで3か月分(60万円×3/12=15万円)を計上した。

    以上をふまえて、当期首に再振替仕訳を行う。

 (2)当期の12月31日に、約定どおり60万円の利息を現金で支払った。

【解答用紙】単位:万円

 <仕訳帳>
   ――――――――――――――――――――――――――――――

(1)(借)            (貸)      


(2)(借)            (貸)

   ――――――――――――――――――――――――――――――


<総勘定元帳の一部>
  ―――――――――――――――――――――――――――――――

  +     現  金    
  ―――――――――――――――
         |
         |
       

  +     支払利息      +     未払利息        
  ――――――――――――――― ―――――――――――――――    
         |               |前期繰越 15         
          |               |

  ―――――――――――――――――――――――――――――――

【模範解答】単位:万円


 <仕訳帳>
   ――――――――――――――――――――――――――――――

(1)(借)未 払 利 息  15 (貸)支 払 利 息  15      


(2)(借)支 払 利 息  60 (貸)現     金  60

   ――――――――――――――――――――――――――――――


<総勘定元帳の一部>
  ―――――――――――――――――――――――――――――――

  +     現  金    
  ―――――――――――――――
         |(2)  60
         |
       

  +     支払利息      +     未払利息        
  ――――――――――――――― ―――――――――――――――    
  (2)  60|(1)  15 (1)  15|前期繰越 15         
          |               |

  ―――――――――――――――――――――――――――――――





…時事問題で、たのしく会計知識をマスターしたい方は
「会員制CDセミナー」 → http://bokikaikei.net/01cd/5.html

… 上場企業の実践分析講座 
 「柴山塾」→ http://bokikaikei.net/04jirei/66.html

しゃちょうbokiゲーム 1000人体験チャレンジプロジェクト開催中