学校では教えてくれない、お金と仕事を楽しく学ぼう!
tizu
サイトマップ
  • はじめての方へ
  • 最新情報
  • 無料動画
  • 出版物一覧
  • 合格体験記
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 簿記検定3級 > 現金の範囲(その2)

現金の範囲(その2)

今回は、代表的な財テク商品(金融商品)について、投資した
後の「配当金」または「利息」の受取について、勉強します。

--------------------------------------------------------------------------------------
                              lesson.009
★ 5分でわかる!使える!!簿記入門 ★          
                              2004.06.11
(月・水・金の午前中配信)
--------------------------------------------------------------------------------------

【CONTENTS】


 ● 現金の範囲(その2)


--------------------------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 みなさん、こんにちは!

 前回に引き続き、現金の範囲(その2)です。

 今回は、財テク商品から得られる配当の会計処理ですよ!


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


 ● 現金の範囲(その2)


 「株式配当金領収証」


 今は、超低金利時代です。
 定期預金に100万円を預けても、一年後につく利子は、せいぜい千円
くらいですから、ほかに「もっと利回りの良い運用先はないか?」と考えて
しまうのも無理ないですよね。


 そこで、今回は、代表的な財テク商品(金融商品)について、投資した
後の「配当金」または「利息」の受取について、勉強します。

 簡単に言うと、現金通貨でもらえるわけではなく、ある種の金券が渡さ
れて、それを銀行などの金融機関で換金する、という手続を踏むことが多
いのです。その辺のことをイメージできるように、がんばりましょう。


 たとえば、いま、手持ちのお金100万円を預金として預けずに、
どこかの会社の株券(=株式会社への出資証券)を購入したとしましょう。


(仕訳)

(1) (借)有 価 証 券 100 (貸)現     金 100


※「有価証券」勘定は「売買目的有価証券」勘定で表現することもあります。


 つぎに、この株を持っている間に、その投資先の会社がとても儲かった
ため、その利益の一部の3万円を、配当としてもらえることになった、
としましょう。

⇒ 問題はココからです。みなさんは、その会社まで、配当金を取りにい
 かなければならないのでしょうか?住んでいるところが東京で、会社の
 本社が遠い地方ならば、往復の電車賃だけで、配当金3万円がパーにな
 ってしまい、とても効率が悪いですよね。

  したがって、会社は、株主名簿にしたがって、株主であるみなさんの
 自宅へ、郵送で「株式配当金領収証」という金券を送付するのです。

  みなさんは、この株式配当金領収証という紙片を受け取ったら、銀行
 や郵便局など、会社の指定する金融機関の窓口へ持参すれば、お金がも
 らえます。おもしろいですね!

  つまり、「株式配当金領収証」を受け取った時に、現金を受け取った、
 と簿記上は解釈して、つぎのとおり仕訳をします。


(2) (借)現      金   3 (貸)受 取 配 当 金   3


 総勘定元帳への転記は、次のようになります。

      現    金
 ―――――――――――――――
 (2)   3|(1) 100  
        |

     有 価 証 券           受取配当金
 ―――――――――――――――  ―――――――――――――――
 (1) 100|                |(2)   3
        |                |


 なお、日商3級レベルではあまり試験には出ませんが、応用論点として、
「利札」というものがあります。
 これは、国債や社債といった「債券」(国・地方・会社が債券という証書
を発行して、世間の投資家から資金を集める形の借り入れ形態)を購入した
投資家は、その債券に付いている利札(金融機関で換金できる金券)が一定の
期日を経過した時に、「現金」勘定の増加および「受取利息」勘定というもうけ
の発生として、処理するものです。

 ちょっと難しい論点なので、飛ばしてもかまいませんが、「興味あるゾ!」
という方は、市販の参考書で補足してもかまいませんし、7月に創刊の
有料メルマガ( http://bokikaikei.net/ )で勉強してくれてもOKです。


 
              ★★★練習問題★★★            


 次の取引を仕訳・転記しなさい。

 ○ A社の株式10株を、1株あたり50万円で購入し、現金を支払った。

 ◎ 一年後、A社から、株式配当金領収証が郵送されてきた。
   配当金の額は、1株あたり2万円である。

(解答用紙)単位:万円


「仕訳帳」

 ○ (借)            (貸)

 ◎ (借)            (貸)


「総勘定元帳」

      現    金
 ―――――――――――――――
        |  
        |

     有 価 証 券           受取配当金
 ―――――――――――――――  ―――――――――――――――
        |                |
        |                |

   *******************************

(模範解答)単位:万円

「仕訳帳」

 ○ (借)有 価 証 券 500 (貸)現     金 500

 ◎ (借)現     金  20 (貸)受 取 配 当 金  20


「総勘定元帳」

      現    金
 ―――――――――――――――
 ◎    20|○   500  
        |

     有 価 証 券           受取配当金
 ―――――――――――――――  ―――――――――――――――
 ○   500|                |◎    20
        |                |


 ※ 500万円=10株×50万円
    20万円=10株× 2万円






…時事問題で、たのしく会計知識をマスターしたい方は
「会員制CDセミナー」 → http://bokikaikei.net/01cd/5.html

… 上場企業の実践分析講座 
 「柴山塾」→ http://bokikaikei.net/04jirei/66.html

しゃちょうbokiゲーム 1000人体験チャレンジプロジェクト開催中