学校では教えてくれない、お金と仕事を楽しく学ぼう!
tizu
サイトマップ
  • はじめての方へ
  • 最新情報
  • 無料動画
  • 出版物一覧
  • 合格体験記
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 簿記検定3級 > (取引その1 その3)現金の増加取引に関するまとめ。● 仕訳、という記帳技術

(取引その1 その3)現金の増加取引に関するまとめ。● 仕訳、という記帳技術

今回は、「現金が増える」シリーズのまとめ編です。
現金が増えるパターンは、次の3つでしたね。

 パターン1 銀行からの借入れ
 パターン2 店主からの元入れ
 パターン3 お客からの受取り(これが、儲けとなる)


--------------------------------------------------------------------------------------
                              lesson.005
★ 5分でわかる!使える!!簿記講座 ★          
                              2004.06.02
(月・水・金の午前中配信)
--------------------------------------------------------------------------------------

【CONTENTS】


 ○ (取引その1 その3)現金の増加取引に関するまとめ。


 ● 仕訳、という記帳技術


--------------------------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 みなさん、こんにちは!

 今回は、「現金が増える」シリーズのまとめ編です。

 現金が増えるパターンは、次の3つでしたね。

 パターン1 銀行からの借入れ

 パターン2 店主からの元入れ

 パターン3 お客からの受取り(これが、儲けとなる)


 以上、これまでに学習した現金増加の記帳を、さらに、つきすすめて

勉強していきましょう!


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


 ○ 取引その1 その3)現金の増加取引に関するまとめ。

  次の取引を、総勘定元帳に記入してみましょう。

 取引1 現金200万円を、銀行から借り入れた。

   2 300万円の現金を、店主が元入れした。

   3 400万円を売り上げ、現金を受け取った。
   

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
*                              *
*        ― 総 勘 定 元 帳 ―         *
*                              *
*                              * ↑
* (入)  現 金            借入金 (発生) *
*      *
* 1(   )|              |1(   ) *
*       |              |       * 財
* 2(   )|                      *
*       |                      *
* 3(   )|             資本金 (発生) * 産
*                  *
*                      |2(   ) *
*                      |       *
*                              * ↓
*――――――――――――――――――――――――――――――*――
*                     売 上 (発生) * ↑
*                  * 儲
*                      |3(   ) *
*                      |       * け
*                              * ↓
 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


 (こたえ)
 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
*                              *
*        ― 総 勘 定 元 帳 ―         *
*                              *
*                              * ↑
* (入)  現 金            借入金 (発生) *
*      *
* 1(200)|              |1(200) *
*       |              |       * 財
* 2(300)|                      *
*       |                      *
* 3(400)|             資本金 (発生) * 産
*                  * 
*                      |2(300) *
*                      |       *
*                              * ↓
*――――――――――――――――――――――――――――――*――
*                     売 上 (発生) * ↑
*                  * 儲
*                      |3(400) *
*                      |       * け
*                              * ↓
 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


 ここまでの基本的な手続きは、ずいぶんと身についたことでしょう。


 ☆さて、ここでよく考えてみてください。

 上記のような「総勘定元帳」を、もしパソコンの画面で表示したら、

どうでしょうか。

 まだ、勘定科目数が4つだからいいですが、これが40個だったら?

 とても、画面には収まりませんね。

 つまり、総勘定元帳は、すべての勘定科目を集計・分類するには非常に

便利なのですが、いかんせん、スペースをとります。

 したがって、みなさんが取引をパソコンの会計ソフトに入力するさい、

総勘定元帳のフォームでは、大きすぎて、画面に収まらない、という

不都合があるんですね。


 ☆そこで!スペースを少ししか使わずに、取引を入力する帳簿が必要

となります。

 ジャーン!その名も、「仕訳帳」です。

 ● 仕訳、という記帳技術

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
*                                *
*             仕 訳 帳              *
*                                *
*  ――――――――――――――――――――――――――――  *
* |             :              | *
* |(左側)         :(右側)          | *
* |             :              | *
*  ――――――――――――――――――――――――――――  *
*         ↑            ↑         *
*      「現金の増加」       「その原因」      *
* *
 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 上記のように、横に細長い帯のような入力画面をイメージして

みてください。

 取引を、「財産の増加(減少)」と、「その原因」に分解したら、

財産の増加を左側に記入し、その右側の空いたスペースへは、原因を

簡潔に記入します。このように、取引の2要素を、左と右に横一行で

カンタンに表現する書き方を、「仕訳」といいます。

 簿記の学習上は、総勘定元帳への記入と同じぐらい大事ですから、

毎日、少しずつ書く練習をして、しっかりと身に着けてください。


 ☆現金200万円を借り入れた、という取引の仕訳例☆


 ステップ1 ⇒パソコンの入力画面(仕訳帳)に、取引を入力する。

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
*                               *
*             仕 訳 帳             *
*                               *
*  ―――――――――――――――――――――――――――  *
* |             :             | *
* |(左側)現  金 200 :(右側)借 入 金 200 | *
* |             :             | *
*  ―――――――――――――――――――――――――――  *
*      ↑            ↑        *
*  「現金の増加」        「その原因」     *
*                         *
 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
                       
「現金」勘定の左側    「借入金」勘定の右側
(入)へ、自動的に    (発生)へ、自動的に
転送される!       転送される!    
                       
/                       /
 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
*                              *
*        ― 総 勘 定 元 帳 ―         *
*                              *
*                              * ↑
* (入)  現 金            借入金 (発生) *
*      *
*   200 |              |  200  *
*       |              |       * 財
*       |                      *
*       |                      *
*       |             資本金 (発生) * 産
*                  * 
*                      |       *
*                      |       *
*                              * ↓
*――――――――――――――――――――――――――――――*――
*                     売 上 (発生) * ↑
*                  * 儲
*                      |       *
*                      |       * け
*                              * ↓
 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ステップ2 ⇒仕訳の内容を、総勘定元帳に転送する。


 なお、パソコン会計では、仕訳帳の入力内容は自動的に総勘定元帳へと

転送されますが、簿記を勉強する時は、まず、「手書きの帳簿」を想定す

ると、しっかり頭に入ります。

 手書きの簿記手続きでは、仕訳帳から総勘定元帳への数字転送は、

自分の手で書き写します。

 仕訳帳の内容を、総勘定元帳に書き写すことを、「転記」といいます。


 今日は、たくさんの専門用語が出てきて疲れたことでしょう。

 とりあえず、このへんで今回の講義は修了としましょう。


 仕訳と転記の練習は、次回のお楽しみ(?)ということで!




…時事問題で、たのしく会計知識をマスターしたい方は
「会員制CDセミナー」 → http://bokikaikei.net/01cd/5.html

… 上場企業の実践分析講座 
 「柴山塾」→ http://bokikaikei.net/04jirei/66.html

しゃちょうbokiゲーム 1000人体験チャレンジプロジェクト開催中