学校では教えてくれない、お金と仕事を楽しく学ぼう!
tizu
サイトマップ
  • はじめての方へ
  • 最新情報
  • 無料動画
  • 出版物一覧
  • 合格体験記
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 会計童話 > 純資産 第4話「おさるの相続」

純資産 第4話「おさるの相続」

むかしむかし、あるところに、2匹のおさるがいました。なまえを、こん太とへい助といいました。

むらのひとは、2匹のおさるが、いつもつるんでわるさをするので、「まあた、あのこんぺいコンビの仕業か!」などと、セットで文句を言ったものです。

こん太とへい助は、家がとなり同士で、幼なじみでした。

こん太は大きなお屋敷に大きな蔵、たくさんの使用人に囲まれた、豪勢な家の独り息子です。なお、こん太の家の資産総額は、50臆円以上との、もっぱらのうわさでした。

こん太は、もちまえの勝気な性格からか、いつもへい助をリードしていました。

いっぽう、へい助は、まあまあのお屋敷、まあまあの蔵、まあまあの庭に囲まれた、へいきんよりちょっと上くらいの家の、これまた独り息子です。

こちらの資産総額は、1億円くらい、といわれていました。父親が倹約家なので、あまりぜいたくはできません。

へい助は、どちらかというと、のんびりやです。
どちらも、兄弟がいなかったので、二人は、実の兄弟のようにいつも一緒でした。

「おい。へい助!これから、家に遊びに来ないか。今日は、活きのいい鯛を仕入れたらしいから、いっしょに食べようぜ!!」

「えー!た、鯛?うちなんか、年に一回くらいの、めでたい時しか出てこないよ。」

「はーはっはっは!くっだらない駄洒落をとばすやつだな。ともかく、家に来いよ!」

「…くだらないって言う割には、ずいぶんと受けてるじゃん…(-.-)」

そんなこんなで、月日は過ぎ、2匹は大人になりました。

そんなある年のことです。その年は、村に、たちの悪い病気がはやりました。

年をとって、体力のない者が、何人も倒れてしまったのです。

運悪く、こん太のお父さんと、へい助のお父さんも、そろって病気にかかってしまいました。

そして…その年の夏にこん太のお父さんが、さらに2ヵ月後、秋にさしかかるころ、へい助のお父さんが、病に倒れたまま、帰らぬ人となってしまったのです。

悲しみにくれるへい助を見て、こん太は力強く励ましました。

「確かに、親父達が亡くなったのは悲しいことだが、これからは、俺達が一家の主だ。これから、家をもり立てていかなきゃならん。いつまでもめそめそするな!

まあ、おまえのところは、家が小さいから、なにかと大変だろうから、困った事があったら、いつでも相談に来いよ」

「えぐっえぐっ…あ、ありがとう、こんちゃん。」

さて、2匹の悲しみをよそに、父親達が遺した財産を受け継ぐ、という法律上の手続が開始されました。

そして…50億円の財産を相続する、と単純に考えていたこん太は、その詳しい内容を知って、おどろいたのです。

「え?まっまじ??」

■こん太の相続財産(お父さんの亡くなった日現在)

douwa3.PNG

顧問の税理士さんは、あせをふきふき、こん太に説明しました。

「実は、お父様は、生前、バブルに踊って、総資産の多くを株式投資につぎ込んでしまっていたのです。
その後、こん太さんもご承知のとおり、バブルがバチンとはじけて、株の値段が半分近くまでになってしまいました。
そのとき、やめておけばいいのに、『損を取り返すんだー!』などとつっぱしってしまい、銀行で借金までして株式投資を続けたのです。勝気な性格が、裏目に出たんですなあ…
それで、手もちの株で、購入時に20億円だったものがなんと、いまでは時価で12億円!そして、借金も残ってしまいました」

「どっしぇー!」

「し、しかしですね!話はそれだけではなく…」

「え?まだですかあ?」

「はい。これもお父様が生前、先送りにしておりました問題なのですが、おやしきと蔵が、もう築15年以上経っておりますので、老朽化が激しく、あちこちにヒビや破損がありまして…」

「ああ、それは俺も前から気づいていたよ。で、それがなんなの?」

いらいらしたように、こん太は税理士さんに詰め寄ります。

「は、はい…大変申し上げにくいのですが、いずれは建物の損壊や水まわりの漏れなど、いろいろと不都合が出ることを考えれば、この機会に全面的な屋敷・蔵の改修をしたほうがよろしいかと思います。で、その費用なのですが、大体、1億円と見積もられます。」

■こん太の修正後の相続財産(お父さんの亡くなった日現在)

douwa4.PNG

「ひえ っ」

こん太は、あまりのことに、卒倒しそうになりました。

「だ、だいじょうぶですか?こん太さん!」 …しばらく、頭がふらふらとしていたこん太ですが、時間がたつにつれ、だんだんと冷静さをとりもどしました。

「こうやってみると、いくら総資産が大きくても、常に財務内容をきちんとチェックしなきゃあ、いざって時に困ることになるんだねえ。大事なのは、正味の財産か…

よっしゃ!こうなったら、俺の代で、バブル前の財務体質に返り咲いてやるぞ!」

さすが、ポジティブなこん太さん。切り替えの早さはお見事!

なお、おとなりへい助さんの家は、まったく借金がなかったので、「総資産1億円=正味の財産」とあいなりました。

結局、2匹がそれぞれ相続した正味の財産は、同額だったんですねえ。

以上、財産は、「総資産よりも、正味の財産」が、自己の取分となるのです。

この、正味の財産のことを、会計の世界では、「純資産」とか、「自己資本」とか、呼んでいるようです。

それでは、また!

しゃちょうbokiゲーム 1000人体験チャレンジプロジェクト開催中